60cmサンゴ水槽 立ち上げ

こんにちは。広島県で一人暮らししてるuzumakiです。さて、大学が始まって1ヶ月たち、新生活にも慣れ、そろそろ魚とかサンゴが飼いたいな〜っと思ったので、思い切ってゴールデンウィークにサンゴ水槽を立ち上げました!


水槽はテトラの60cm水槽(60×30×40)で、今はサンゴ水槽としては時代遅れかもしれませんが、ベルリン式濾過システムを導入してます。ちなみにミドリイシを沢山飼育するつもりはなく、トサカとかスターポリプが好きなので『ソフトコーラル水槽』にしたいと思ってます。

DSC_8026

 

 icon-pencil-square-o  濾過装置


プロテインスキマーはプリズムプロDXを使ってます。正直この水量の水槽ではオーバースペックな気がしますが、中古で安く売られていましふたので即買いました。

DSC_8063 (1)

外掛のテトラのフィルターにはリン酸吸着剤ローワフォスと活性炭を入れています。

DSC_8025

エーハイムのフィルターにはカミハタのバイオボールなるものをいれました。普通にリング濾材で良いのですがリング濾材は重く洗いにくいし、割れて粉になるので止めました。そこで軽く割れても粉にならない物を探していたところバイオボールを見つけました。バイオボールを使うのは初めて!効果があるかわかりませんが、試してみます。

IMG_2882

IMG_2883

外部濾過装置は水漏れが多発するのでホースには全てホースバンドを付けて外れないようにする事をオススメします。

DSC_8039

 

 icon-pencil-square 照明装置


照明は全てグランクリエイト(24w×2、7w×1、3w×2)というLED照明を使用してます。グランクリエイトはエキゾチックアフリカで取り扱っています。LED照明としては安い方だと思います。

DSC_8056

 icon-pencil-square-o 水流ポンプ(サーキュレーター)


水流ポンプはjebaoのWMP4000Rを使用してランダムな水流を再現しています。4000R、8000R…4種類メーカーからは発売されてますが、60cm水槽では4000Rでも十分すぎるパワーがあり、出力を最小限に抑えて使用しています。

DSC_8058

DSC_8062

 icon-pencil-square 底砂、人工海水


底砂はレッドシーから発売されてるリーフベースを使用。粒が細かいパウダーアラゴナイトサンドです。正直、洗うのが大変です。

DSC_8064

人工海水もレッドシーから発売されているCoral Pro Saltを使用。

DSC_8024

 

   icon-pencil-square-o 水槽全景


DSC_8068

FullSizeRender-2

 

ライブロックは大阪の海水魚ショップ、Free Waterで購入しました。そして少し生体も追加しました。

・クロナマコ(5/5〜)

・フレームスキャロップ(5/5〜)

・イソギンチャクモエビ(5/5〜)

・アローヘッドクラブ(5/5〜)

DSC_8050

DSC_8047

 

今回はこれくらいで。ではまた👍

 

 

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する