SSH研究発表会に参加しました。

SSHとは高等学校などを対象に指定し、将来的な科学技術関係人材を育成するためにつくられた文部科学省の事業のひとつです。ちなみにSSHはスーパーサイエンスハイスクールの略称です。僕の通う学校も今年度よりSSHに指定されたのです。
SSH研究発表会は横浜、みなとみらいで開催されました。
ホテルからの眺め
image
僕はハタ科魚類の体表模様における変化機構についての研究をしています。詳しい研究内容について興味がある方はコメントをくださればお話します。今回の発表会でもこれについての発表をしました。発表はおもにポスター発表です。指定から3年目の学校は口頭発表が可能になりますが、僕らは指定初年度なのでポスター発表のみとなりました。3泊4日で行ったのですが2日間はポスター発表をしました。最終日は海外の生徒と日本未来科学館とJAXAに見学に行きました。ポスター発表では全国から集まった高校生、高校の先生、大学の先生など様々な人が来ました。最終日に僕は韓国、フィリピン、台湾の高校生と見学をしました。みな英語を話すので僕も片言の英語でコミュニケーションをとりながら案内しました。最初はみな、僕も含めて話したそうにはするのですが何から話したら良いのかわからないので黙ったままでしたが、しだいにに打ち解けてきて会話ができるようになると、とても楽しくなってきます。おそらく意味が通じてないこともあったと思いますがジェスチャーでなんとかなります。笑
以下の写真は最終日の見学、日本未来科学館とJAXAにて
小惑星探査機はやぶさ、を載せたロケットのレプリカ
image
小惑星探査機はやぶさの模型
image
ロケットの最下部についてたエンジンの模型
image
深海6500についてるライト
これ、どれくらいの明るさなんだろう?
image
最後にみなさんTimeLapseというものをご存知ですか?シャッターをきる速度を遅くし連写しそれぞれの画像をつなげて動画にしたものです。空を撮ると雲が流れている様子が綺麗に撮れます。今回は日暮れの様子を撮ってみました。ご覧ください

今回、とても貴重な体験ができて本当に楽しかったです。今後もハタ科の魚類のみならず他魚種での模様変化についても研究していきたいので、魚の模様変化について不思議に思ったり疑問なことがあれば是非、コメント下さい。調べてみたいと思います!

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する