どうもuzumakiです。

和歌山県田辺湾にボート釣りに行ってきました!早朝出航。朝焼けがとても綺麗。

image

さっそくメタルジグを投げてみます。真下に落としてシャクリ上げるだけ。するとグググっと来ました。

やった〜 キジハタ!関西ではアコウって言いますね。

image

オオモンハタも釣れましたね。

image

その後、メタルジグにイトヒキアジが追ってきましたが、サイズが小さくヒットしませんでした。

場所を変え、今度は外洋に面した潮あたりの良いポイントで、ハタ系を狙います。まずは、五目釣りで幅広く魚を狙っていきます。

さっそく強いアタリが!釣れたのはホウライヒメジ。こいつは最初、一気に引くので大物と勘違いしやすく、あげてみて少しガッカリする魚ですね。

image

今度は、ブルブル震えながら魚があがってきました。サバかな?と思ったら違いました。クサヤモロです。綺麗な写真が撮れてません…

image

クサヤモロに混じってグルクンが釣れました。グルクンは沖縄の県魚になってて、沖縄で沢山見られる魚です。ただし沖縄でいうグルクンはクマザサハナムロやニセタカサゴなどタカサゴ科の魚を総称して言うそうです。なにせ似たような種類が多いですからねf^_^;)

image

そんな中、珍しい(?)魚が釣れました。

まずは、ペットショップやアクアリウム雑誌でたまに見かけるタコベラ!特徴的な尾ビレで、すぐに名前が分かりました。

image

粘液毒を出すことで有名なキハッソク。キハッソクはキジハタなどと同じくハタ科の魚らしいです。外見はまったくハタとは似つかないうえ、粘液毒を出すので、どちらかと言えばヌノサハシなどにとても似ています。

image

またこんな可愛いアカハタの幼魚も釣れました。飼育するのにはちょうど良いサイズですね。

image

とまあこんな感じで常に釣れ続けました。気づけば8時間もボートのうえでユラユラ。どうりでブログを書いてる今も体がユラユラするわけです。8時間ずっと釣れっぱなしでした。父親と2人で少し釣りすぎた感じはありますが、今週は釣った魚を美味しくいただきます。

image

アカハタの刺身はとても美味しかったです。

image

今日はもう疲れました…朝5時出航であまり寝れてないので今日はぐっすり休みます。いつもブログを読んで下さってありがとうございます。本当に感謝します。では、おやすみなさい。

 

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)