今日は日淡採集に行って来ました。車で2時間ぐらい。ポイントをグーグルマップで探して目星をつけておきました。ポイント1〜3は同じ水系です。

ポイント1
目星をつけておいた場所が意外にもあまり魚がいなさそう。 2面コンクリートで砂と礫が混ざったような底質だった。しかし入ってわずか10分。採れたぁーー!すぐにオヤニラミが採れた。

オヤニラミ Coreoperca kawamebari

s__19906569

その後もアブラハヤとカワムツに混じってオヤニラミが混ざって採れた。
確認した魚

オヤニラミ,コイ,アブラハヤ,カワムツ,ドンコ

ポイント2
県のホームページによればオヤニラミ以外にアカザやイシドジョウの生息が確認されているらしいので,それらがいそうなポイントを選んだ。

s__19906570

アカザはこういった流れが強く,岩がごろごろしたような底質にいる(経験的に)。岩をひっくり返して探してみたが見つからず。オヤニラミばかり採れた。
確認した魚

オヤニラミ,ヨシノボリ,カワムツ,ドンコ,ムギツク

ポイント3
帰り道にと,あまり期待してない行きしなにスルーした川にした。埃をかぶったように灰色をした岩や砂の底質だった。ヨシノボリがたくさん採れた。

シマヨシノボリ(?) Rhinogobius nagoyae

s__19906568

また,アカハライモリもチラホラ。アカハラは地域によってお腹の模様が変異する。日本では大きく6つに分けられるそうだが,お腹の模様は親から子へと遺伝するらしい。だから県,もっと言うと川ごとに変異がある。写真の個体は島根県でよく見られるパターンのようだ(アカハライモリの腹部模様 国内分布 参照2016.12.03アクセス 

アカハライモリ Cynops pyrrhogaster

s__19906567

確認した魚

ドジョウ,シマドジョウ,カワムツ,ヨシノボリ,アカハライモリ,カマツカ

 

最後におまけ。今日捕まえた魚。

ドンコ Rhinogobius nagoyae

s__19906565

カワムツ Nipponocypris temminckii

s__19906564

ではまた。

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)