餌付け完了

お久しぶりです〜 uzumakiです。
この間の和歌山磯採集で採ってきたコロダイ、コショウダイ、ナンヨウツバメウオですが現在、家の90cmメイン水槽の隔離ケースに入れています。コショウダイとコロダイは最初からクリルを食べてくれましたが、ナンヨウツバメウオは食べませんでした。そこで餌付け用の餌であるピュアを使いました。ピュアはすぐに食べてくれたのでピュアに粒エサを混ぜてあげているといつのまにか粒エサを食べるようになりました。こちらは隔離ケースの中で粒エサを食べるナンヨウツバメウオの動画です。

ナンヨウツバメウオ、かっこいいと思いません?まるでスターウォーズに出てきそうなフォルムをしてます。ネットでナンヨウツバメウオに関する記述を見ていると飼育が難しいとかとても簡単とか様々な情報を見かけます。今までナンヨウツバメウオを何度か飼育してきたので経験からすると、ナンヨウツバメウオの飼育はそれほど難しくありません。ナンヨウツバメウオの飼育に関して気をつける点はとしては、非常に肌が弱いので、混泳している魚に気性の荒い魚がいるとすぐにヒレをボロボロにされてしまいます。肌が弱いからか白点病にもなりやすいです。幼魚は本来、木の葉に擬態して水表面を漂うのであまり遊泳力を持ちません。ですので強すぎる水流もよくないと思います。また餌付けに関してですが小さな幼魚は比較的、簡単に餌付きますが大きくなればなるほど餌付きにくくなります。そしてナンヨウツバメウオがトサカをかじっているのを見たことがあります。サンゴ水槽にこいつを入れる時には注意が必要だと思います。ナンヨウツバメウオの飼育に関してて気をつけるところはそれくらいですかね。あとはナンヨウツバメウオは大きく成長する魚なので最低でも90cm水槽は欲しいところですね。
そして、飼育開始から10日目の魚たちです。1日目の様子と少し違いますが、こちらの方が本来の模様だと思います。
コショウダイ
image
コロダイ
image
ナンヨウツバメウオ
image
大きくなったような気がしなくもないですね。笑
ちなみに飼育開始日のそれぞれの体長と全長を計算すると次のようになりました。
コショウダイ(全長 10.56cm、体長 9.12cm)
コロダイ(全長 4.04cm、体長3.23cm)
ナンヨウツバメウオ(全長 4.90cm、体長3.99cm)
最後にコロダイの幼魚の動画です。コロダイは泳ぎ方が面白いと思います。それにこの模様がどのように変化するのかも興味深いです。

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する