魚が白点病になってしまったら…

こんにちは。uzumakiです〜
今日は大切な魚が白点病になってしまったら、みなさんどうされますか?
THE BLUE TANK 〜小さな癒しの海〜
では、ためになる話がたくさん書かれていましたね!まだ見てない方はチェック↓

僕は今まで様々な種類のチョウチョウウオを採集し、飼育してきましたが、チョウチョウウオは海水魚の中でも白点病にかかりやすい種類です。そこで、今回は僕が今までの経験から白点病への対処法を書こうと思います。ただ科学的根拠はあまりないかもしれないので過信は禁物ですwww
まず、予備知識として白点虫というものについて白点虫には淡水性と海水性があるのは、もちろんご存知ですよね?なので海水魚に淡水用の白点病の薬を投与しても効果はありません。白点虫は約24時間のサイクルで分裂、増殖します。第一段階として水中を浮遊する白点虫は魚体に寄生します。このときはまだ人間の目には見えません。しかし宿主から十分な栄養を吸収すると目視で確認できるようになります。この時点で白点病に感染していることがわかるのです。ですがすでに栄養を吸収した白点虫は第二段階として一旦、魚体を離れます。そして水槽内のあらゆるところ(主に底砂だとおもわれます)に付着し、シストと呼ばれる硬い殻をもった形態になります。このシスト期には休眠もしくは分裂を行います。そして分裂が完了した白点虫は放出され第一段階である魚体に寄生するのです。このサイクルが繰り返されることで魚は栄養を吸収され衰弱、ついには死んでしまいます。またシストが厄介なのは休眠も可能ということにあります。通常、白点虫にとって活動温度は25〜30度と言われています。活動温度ではない場合は休眠することが可能なのです。

さて、予備知識はこのくらいにしておきましょう。では実際僕が行った方法をご紹介します。
1.硫酸銅作戦
2.毎日の水槽リセットおよび全換水作戦
3.とにかくスタミナをつけさせる作戦
(4.最近、考案した魔法水作戦)

ではそれぞれ説明していきますね。
1.硫酸銅による治療です。
image
これが白点虫を確実に魚体からはらうことができる治療です。名前の通り、メイン水槽とは別の水槽を用意してそこに魚を入れ、硫酸銅水溶液を点滴します。硫酸銅などの重金属は基本的に生物に有害ですので、魚は死なないけど白点虫は死んでしまう、という濃度に設定して白点虫を駆逐するのです。やり方はすでに多くのサイトで取り上げられているので実践される場合は調べれば簡単にわかります。
メリット「確実に白点虫を取り除くことが可能」
デメリット「別水槽が必要、水中に溶けている銅イオンCu2+の濃度を調節しなければならないので銅イオンテスターが必要、間違えたら魚が死ぬ」
この硫酸銅による治療はデメリットが多いですね。

2.毎日の水槽リセット及び全換水
これは水槽内に存在するシストを完全にとりのぞき、また浮遊している白点虫を流し白点虫のいない海水をいれることで白点虫の絶対数を減らすというものです。ここで白点虫の分裂サイクルが24時間ということから24時間以内に全換水と水槽の掃除をしなければいけません。さらに理論上では2回のリセットと2回の全換水で白点虫はゼロになるはずですが、例外ももちろんあるので1週間ほど続けないと効果が期待できないかもしれません。
メリット 「硫酸銅を使わずに安全に白点病を治すことができる」
デメリット「まずエコシステム(ベルリンシステム)を採用している水槽ではできない。ただし別水槽を用意すれば魚に寄生した白点虫はとれます。人工海水の元、水道代などコストがかかる。そして毎日、換水と掃除をするので大変。換水によるストレス、環境の変化が魚に負担がかかる」
リセットと換水による方法はデメリットが多いのであまり現実的な方法ではなさそうですね。

3.とにかくスタミナをつけさせる作戦
略して、スタミナ作戦といいましょうか。
このスタミナ作戦は僕が考案した方法ですので最も科学的根拠がありませんwww
まあとりあえず読んでください。
スタミナ作戦は、水槽の環境に慣れており、餌付いてる魚に有効な手段です。(餌付いてない魚や水槽に入れたばかりの魚はこの方法は効果がありません)とにかく魚に餌をあげまくるのです。白点病にかかった魚は白点虫に栄養分を吸収されているので通常の餌やりだけだと栄養不足におちいります。ですから、まずは餌を大量にあげて白点虫にとられた栄養分を補うのです。それから様子をみます。単に水換えで白点虫が舞い上がり魚に寄生していたというだけなら簡単に治ってしまうでしょう。しかしこのスタミナ作戦、ただ餌を多くやるだけなのですが、下手に水換えしたり薬剤を入れたりするよりかはいいと思います。
メリット「コストがかからない。」
デメリット「餌付いてないと意味がない、科学的根拠がない」

4.魔法水作戦
まだ試したことがないのですが、これは効果が期待できます。簡単に言えば淡水浴です。浸透圧の違いで白点虫を破裂させるのです。しかし海水魚を淡水にいれるというのは非常に危険です。一歩間違えれば死んでしまう。なので白点虫は死ぬが海水魚は死なないという濃度にしてやればいいのです。詳しくは言えないのですが、RO水に塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウムを混ぜることで簡単に海水魚は死なないけど白点病は死ぬという水を、作ることができます。この魔法水作戦は、効果が確認できるまで詳しくはかけませんので今後に期待してて下さい。笑
メリット「白点病だけでなく他の全ての病気、ただし寄生虫による病気のみに有効。」
デメリット「塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウムが必要」

以上が僕の白点病に対する対処法です。ためになりましたかね?笑
ではでは〜

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

魚が白点病になってしまったら…” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する