アクアテラリウム

どうもuzumakiです!
僕は魚も好きですが、コケも大好きです。なので今回は僕が作ったテラリウムやコケについてご紹介します。
現在、維持する水槽はこちらのアクアテラリウムです。とりあえず現在の様子から。
image
image
では、制作の様子を見ていきましょう
水槽サイズは60cm水槽で、砂は普通の安いソイルを使用。水中にもこだわりたい人はここで、栄養分の豊富なソイルとCO2添加装置を加えればいいでしょう。ライトはコケに当ててあげなければいけません。何でもいいですが、弱すぎても駄目で、メタハラなどの強い光はコケがやけたり、乾燥するのでいけません。製品名で言うとボ〇ティスが丁度いいです。レイアウトには拾った大きな流木(倒木?)を1本、水槽に入れました。というより、立て掛けました。その流木の上の方から分岐させたエアーホースを使って水を流しています。エアーホースを流木に巻き付けるときビニタイを使うと便利でした。簡単なセットが終わった水槽がこちら。
image
ちなみに濾過装置はエーハイムの外部濾過器を使用していますが、ろ材は使用せず、ポンプとして使ってます。なぜかは、またあとで。

そこへ、陸生のコケを張り付けていきます。水が常に流れているようなところにはウイローモスを張り付けてもいいと思います。ちなみに陸生苔のお勧めはハイゴケ、シノブゴケあたりの苔です。山に行けば普通に木陰とか道路脇に生えてますし、園芸屋さんにも売っていると思います。(時期によっては売ってないかも)そして流木に直接、ペタペタと苔を張り付ければ、なんということでしょう。あっという間にテラリウムの完成です。(コケを張り付ける際、コケについた土を完全に洗い流してもいいのですが、後々、その土に入っているいろんな雑草の種が発芽して一層、自然な感じが増します。しかし、僕は下処理として虫の卵がついてると嫌なので、密閉容器に採取した苔をいれて25度くらいの温かいところにしばらく置き虫が孵化してから水で洗い流すことをしました)image

最後に水中に水草を少々、植えます。この時に水上葉を愉しめる水草を買っておきましょう。増えすぎた水草はトリミングして苔の隙間に挿しておけば勝手に水上化してこんどは陸上植物として愉しませてくれます。僕はチドメグサとルドウィジアを選びました。どちらも3~4株200円くらいで買えます。あとラスボラ ヘテロモルファ、ブラックファントムテトラ、ラミノーズテトラ、スカーレットジェムなど合わせて15匹くらいの小魚とチェリーシュリンプを数匹入れました。
水中のルドウィジアと水上化したルドウィジア。同じ植物です。
imageimage
image

管理は餌やりと水足しのみであとは放置。放置していても厄介な珪藻も生えないですし、水替えもいりません。なぜかというと陸上のコケが餌の残りや魚の排泄物を吸収し養分にして成長します。このコケはいわば天然の濾過装置なのです。

苔から滴る水滴です。いいと思いませんか?
image
以上、テラリウムについてでした。この記事を読んで少しでもコケやテラリウムに興味をもってくれたら幸いです。

ではまた〜

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

アクアテラリウム” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する