オランダ・ラミレジィ,ニューギニア・レインボー

どうも、uzumakiです。

買ってしまいました。(笑)

テラリウムに、なにか新しい魚を入れたいな~と思っていたところ、オランダ・ラミレジィとニューギニアレインボーという魚が綺麗で気に入ったので買いました。まずは恒例の大きさが分かるケースに入れて写真を撮りました。

DSC_9997

オランダ・ラミレジィ(オス)

DSC_9993

オランダ・ラミレジィ(メス)

 

DSC_9963

ニューギニア・レインボー

 

うーん。綺麗だ~

 

コバルトブルー・ラミレジィとドイツ・ラミレジィ、オランダ・ラミレジィがいましたがオランダ・ラミレジィにしました。メタリックな色合いが最高です。そういえば、メタリックカラーの魚はあまり海水魚では見見かけないですね。ラミレジィのことを略してラム呼ぶみたいなので次からはラムと呼ぶことにしました。水合わせしてすぐテラリウムに入れました。他の魚にいじめられないか心配でしたが、問題なく混泳できそうです。カメラを向けても全く動じないので大丈夫でしょう。ラムのメスはお腹が赤くなるのが特徴らしいので右がメスで左がオスでしょう。なんかすでに卵を持ってそうな感じがしますね。(笑)

DSC_0111

 オス(上)とメス(下)のラム

DSC_0122DSC_0112

 

ん? もう餌食べてねーか?(笑)

ちなみにテラリウムにいる魚たちは、メガバイトレッドのSサイズをあげてます。だって、わざわざ餌を買うのはもったいないし、主成分はそんなに変わらないからいいじゃん。ということで、メガバイトあげてるんですが、ブラックファントムを尻目に食べてました。(笑)

 

ニューギニア・レインボーはまだ色が十分出てませんが、これからが楽しみです。特にオス同士のディスプレイを早く見たい!

この長く伸びたヒレをピンと伸ばして威嚇をします。ちなみに、こいつも水面に浮かんだメガバイト食べてました。熱帯魚は海水魚に比べて手間がかかりませんね。。(笑)

DSC_0011

 

今回はこのぐらいで。今月中に2014年の出来事まとめを更新するのでお楽しみに。ではでは!

 

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する