2014 まとめ 下半期

下半期を振り返ってみましょう~

icon-check-square7月


カンモンハタは元気ですが、完全に崩壊してしまった海水魚水槽。見せたくないけど。。

写真 3

写真 4

 

  •  icon-tag 7/21 滋賀県 琵琶湖 遠征

生物;ナマズ、アユ(コアユ)、ハス、スジシマドジョウ(大型)、ヨシノボリ、ニゴイ

namazu

 

  •  icon-tag 7/26 ブログ「uzumakiと海」開設!

たまたまGoogle+でAQISM管理人の海老原さんに新しいブログサービスAQISMでブログをやってみないかと、お誘いのコメントをいただき、2番目に参加しました。こんなにもオリジナル性に富んでおり、しかも最初から沢山のアクセス、いいねをゲットでき、無料で開設することが出来るブログサービスは他にはないと思います。海老原さんありがとう。

 

  •  icon-tag 7/29~ 生物部合宿

生物;ハタタテダイ、クマノミ、フウライチョウチョウウオ、カサゴ、アオリイカ、ミノカサゴ、オオスジイシモチ、ナマズ、ミナミテナガエビ、ヒラテナガエビ、モクズガニ

詳しくは生物部夏期合宿の記事へ  icon-hand-o-right http://uzumaki.aqism.com/archives/90

山の稜線がきれいです。

DSC_5642

 

 icon-check-square8月


8月13日にコショウダイ、ナンヨウツバメウオ、コロダイ、8月29日にキジハタと1か月に4匹もの魚がハタ水槽にやってきました。みんな、まだ小さくカンモンハタに食べられてしまいそうでした。

写真 2 (1)

写真 1 (1)

 

  •  icon-tag 8/5~8 SSH生徒研究発表会

詳しい記事はこちら icon-hand-o-right http://uzumaki.aqism.com/archives/143

 

  •  icon-tag 8/13 和歌山県 紀北 サンプリング

コショウダイ、コロダイ、ナンヨウツバメウオを捕まえました。詳しい記事はこちら icon-hand-o-right http://uzumaki.aqism.com/archives/143

 

  •  icon-tag 8/29 キジハタ入海

写真 4 (1)

 

 icon-check-square 9月


水槽の掃除をしてベアタンクに変更。魚専用のハタ水槽に変身しました。

写真 3 (2)

ナンヨウツバメウオ

写真 2 (2)

カンモンハタ

写真

 

  icon-check-square 10月


ハタ水槽、テラリウムともに順調。

コショウダイ

写真 1 (3)

ルドウィジア・レッド

写真 3 (3)

濾過槽(サンゴ水槽の時からこのスタイルです)

写真 2 (3)

 

  •   icon-tag 10/29 アカハタ入海

今ではハタ水槽のボスとして全体の力関係を、まとめているアカハタの詳しい記事はこちら icon-hand-o-right http://uzumaki.aqism.com/archives/257

写真 (1)

 

 icon-check-square 11月


10月ぐらいからナンヨウツバメウオとコショウダイの成長の早さに注目。カンモンハタと比較するとわかりやすいかも。自分が育ててる魚がちゃんと育っているという実感がとてもします。

写真 (3)

  •  icon-tag 11/14~15 日本魚類学会に参加

魚類学会というのは日本各地の様々な大学、水族館、研究所など魚の研究をしている人の集まりで、年に一度、発表大会が開催されます。今年は神奈川県小田原にある生命の星・地球博物館で開催されました。僕はハタの模様変化についてポスターにまとめて、発表しました。発表を見に来て下さる人たちは全員、魚好きなので話が盛り上がって楽しいです。

写真 (4)

その時に用いたポスターをお見せします。 icon-hand-o-right 魚類学会ポスター 

 

 icon-check-square 12月


ハタたちの喧嘩も減り、それぞれがテリトリーも安定したみたいで、落ち着きました。テラリウムには新しくオランダ・ラムとニューギニア・レインボーが入りましたね。

写真 (5)

キジハタはせっせと岩の下の砂を運んでマイホームを作ってました。

DSC_0559

DSC_0564

気に入ったのかな(いい顔してるな)

DSC_0590

最後はカンモンハタ

DSC_0592

 

 icon-flag-checkered 最後に


最後まで読んで下さりありがとうございました。今年もいろんな出来事があり、いろんな人に出会ってとても楽しく、勉強になった1年になりました。

こうやってブログを通して当時の魚の様子などを記録し、後から、こんなことあったな~と振り返るのも海水魚飼育の楽しさの一つだと思います。そして、それは長期飼育をするためのモチベーションを上げるものにもなり得ると思います。

これまで「uzumakiと海」までお越し下さった皆さんありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する