冷汗からの安堵

uzumakiです⤴️⤴️
連投です。最近のアクセスの動向を見てると
『オーバーフローがうるさい』
http://uzumaki.aqism.com/archives/617
『和歌山、磯採集(8月13日)』
http://uzumaki.aqism.com/archives/143
といった記事からの流入が多いみたいで、どちらもGoogleの検索エンジンから、『オーバーフロー うるさい』や『和歌山 磯採集』などと検索すると、上位に出てきます。そうやって、ブログ全体へのアクセス数を増やすのだなと、実感しました。また、「uzumakiと海」の総ページビュー数が15000を超えていました。ページビュー数とアクセス数は同じとみていいのかな?でも、ブログ開設から1年までには総ページビュー数20000を目標とします。

 

さて、前置きが長くなってしまいました。
実は、google+の方(https://plus.google.com/u/0/+AQISMuzumaki%E3%81%A8%E6%B5%B7)では、ほぼリアルタイムで水槽の状況をお伝えしているのですが、ブログだと、どうしても時間にズレが出来てしまいます。かなり頻繁にブログを更新すればいいのですが。ブログを書くのは、少々時間がかかるし、質が落ちてしまいそうな気がする。また、AQISM事務局の海老原さんにも悪いので…(笑)

タイトルからも、わかるよう。この1〜2週間のうちに、大変な出来事?がハタ水槽でありました。まずは、2週間前。ふと思い立った僕はハタ水槽の掃除をして、40リットルほど水替えをしました。塩の量もキッチリはかり、水も浄水器を通した、カルキ抜きの水を使って(珍しく)真面目に水替えをしたのです。いつもは、ポリタンクに水とテキトーな量の塩をぶち込んで、ウリャーってポリタンクごと振り回して、水替えしたことは、以前の記事を読んで下さった方は知っていると思います。(http://uzumaki.aqism.com/archives/684

FullSizeRender (17)

掃除した直後は綺麗だったのですが、異変が現れたのは3日後。ハタ以外の魚に白点病がついてます。あ~白点か。ま、春だし温度変化も大きいし、ヤッコみたいに繊細な魚でもないので、すぐ治るだろうと、ヒーターの設定温度を上げるだけであとはスタミナ作戦で治そうと、餌を大量にあげました。

しかし、次の日、朝は問題なかったのですが、学校から帰ると、何か変なのです。コロダイとコショウダイは全身、白点病で白っぽくなってるし、新入りのチビアカハタは苦しそうに肩で呼吸してるんです。キジハタも白点病ではないのに、体色が薄くなり、お腹がへっ込んでました。これは、ヤバイとすぐに淡水浴をするための水槽をセット、すぐには淡水浴できないので、翌日までに水温とカルキを調整しました。

FullSizeRender (22)

ハタ特有?の原因不明の病気にかかることがありますが、カンモンハタが一度かかり淡水浴で直してきたので、今回も淡水浴にしました。銅イオンも持ってますが、下手に薬剤使うのは気が引けたので…

次の日、淡水浴を決行。コショウダイ、コロダイ、キジハタは2分くらいと、長めにいれました。チビアカハタはグッタリ。ですがほっとくわけにはいかないので、意を決して淡水浴。その後は隔離ケースに入れ水槽の底に沈めました。翌日、特に変化はなく、あーもう無理かな。と思ってました。しかし、状態は悪くはなってないので、隔離ケースから放流。しばらく、というか、ほぼ一日中、塩ビの土管で休んでました。そして、3〜4日ぐらいで、段々泳ぐようになり、そして、つい3日ほど前、やっと餌を食べるようになり、今では完治し、餌に飛びついてくるほど。キジハタも、まだ痩せてますが、いつも通り餌に飛びついてきました。

FullSizeRender (21)

これ程まで心配したのは久しぶりです。淡水浴ってやっぱ、すごい。それから、いつもと違うことをしたら、悪いことが起きるのは本当だということがわかりました。だから、今度からは、いつも通りの手順で掃除、水替えをしたいとおもいます!!(キッパリ)
とにかく、治って良かったです。

最後はハタ水槽のフィッシュコレクション✨と、最新の動画をお楽しみください。

FullSizeRender (16)

FullSizeRender (2)

FullSizeRender (6)

FullSizeRender (3)

 

そしてハタ水槽の動画『日常』、エサの食いっぷりに注目です。

 

今日も最後まで、ご覧下さりありがとうございました。ではでは!!(バシャバシャ…)

 

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

冷汗からの安堵” に対して1件のコメントがあります。

  1. しんげん より:

    椅子でクルクル回さなかったからですなwww

    いや、そうなんです。
    いつもと違う事をするとアカン!のですな。
    下手に天然海水なんか入れなきゃよかったと、後悔先に立たずっと。。。
    人工海水で慣れた飼育魚には、人工海水なんだなっと。
    サンゴちゃんも、ぐでんぐでんですわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する