生物部合宿行ってきました!

お久しぶりです〜
合宿中、更新するつもりでしたができませんでした! すいません。

では、さっそく
7月29日(合宿1日目)
結局、あまり熟睡することができず朝4時くらいから起きてました。笑
暇なので適当に僕の部屋のカーテンレールにぶら下げてるガラス玉でも。ちなみにこれは知床の漁師からもらいました。
image
しばらく家にいないので文鳥と遊んであげました。
image
高知県大月町までバスで行きました。
約7時間の道のりでした。バスの運転手さんお疲れ様でした!
ホテルからパシャリ。
image
ホテルに着いたの4時です。時間がもったいないのでホテルそばの漁港へ採集に。漁港に着いた途端さっそくハタタテダイを発見!ここの魚はスレてないようで意図も簡単に網に入ります。笑
image
ついでに、おまけでフウライチョウチョウウオも採れました。
image
漁港内にはハリセンボンが結構いるのですがどれも30cmくらいの大物ばかり。僕は小さいのが欲しいのだー
と言いつつも大きいハリセンボンを捕まえたのですが大きくて陸にあげる際に網が破れてしまいました。(余計なことをするんじゃなかった…)
釣竿も持っていたので五目釣り用の仕掛けで釣りもしてみましたが釣れるのはホシササノハベラやキタマクラ、ばかり…
やっぱりハタ系の魚は沖に行かないと無理か…

2日目(7月30日)
今日は早朝4時から夜間採集に漁港まで行きました。ヘッドライトで岸壁沿いを照らして行くと大きな魚影が…
体長30cmくらいの大きめのハナミノカサゴがいました。採ろうかどうか迷ったのですが後輩が欲しいと言うので採りました。ハナミノカサゴは動きがゆっくりなので採るのはとても簡単です。
image
写真は後輩の水槽に入れた時の様子です。水槽サイズは60cmの規格サイズなのでその大きさがわかると思います。
今度は魚がいそうな漁港の角の吹き溜まりをみてみると… いましたアオリイカの赤ちゃんです。この時期、限定ですね。
image
次は釣りでハタ系の魚を狙うことに。だが釣れるのはキンセンイシモチかクロホシイシモチのみ。たくさん釣れました!
image
帰り道もまた岸壁沿いをヘッドライトで照らしながら帰っていると赤い魚が!アカマツカサだと思います。網を入れましたがすぐ逃げられてしまいました。残念… 家のカンモンハタと混泳できそうなサイズだったので欲しかったのに。
早朝(夜?)の漁港は昼と違い観察できる魚種もかわるので楽しいですよ。
今日の予定は四万十川へ行き、四万十楽舎というところで漁師体験と黒尊川でのシュノーケリングです。
image

image
四万十川に到着。
漁師体験では柴漬け漁という漁をしました。これは山から枝を集め、束ねてそれを水に数週間ほどつけておきます。それを隠れ家とする生き物がつき引き上げると同時に生き物を捕獲するという漁です。漁師さんが事前につけておいたものを引き上げてみるとヌマエビ類が採れました。
image
場所によってはウナギやカワアナゴも採れるそうです。黒尊川は四万十川に流れる支流の一つでとても透明度が高く美しい川でした。黒尊川ではヒラテナガエビ、ミナミテナガエビ、ナマズ、ドンコ、カマツカ、オイカワ、カワムツなどが見れました。ちなみに四万十川は日本で最も魚の数が多い川なんですよ。ヒラテナガエビとミナミテナガエビの写真。
image
最後に沈下橋という橋からみんなで飛び込んで終わりました。

3日目(7月31日)
朝から漁港採集に行く予定でしたが寝坊してしまいました。笑
今日は黒潮実感センターというところに行きました。午前中は海の環境学習会をおこない午後からはシュノーケリングです!
海の環境学習会では人と海洋生物がより良い関係を築くため、「里海(さとうみ)」という言葉を用いて海洋生物の保存、持続の大切さを学びました。「里山」はみなさんも知っているとおり人が山を手入れし動植物を採捕するなどして生物の多様性を維持していますが、同様のことが海にも言えるのではないかということで、新たに作られたのが「里海」です。
また今まで知らなかったのですが水温が低い海の魚は種は多くないがそれぞれの個体数はとても多い、逆に水温が高い海に生息する魚の種は豊富だがそれぞれの種での個体数は少ないということです。つまり僕たちが主に観賞魚として飼育するような海水魚は乱獲されれば簡単に、いなくなってしまうということです。マリンアクアリストとしてこれから海水魚を飼育するだけでなく美しい海、美しい魚を守っていきたいと思いました。
次はシュノーケリングの様子です〜
船でシュノーケリングポイントまで行きます。
image
海の中にはシコロサンゴがたくさんありました。シコロサンゴを傷つけないよう気をつけながら泳いでいると見覚えのある模様が…
カンモンハタです!ここにカンモンハタはいないよ〜と言われていたのですが見つけました!笑
シコロサンゴの下に隠れていたカンモンハタは口を開けて怒ってました。(写真とれてません… すいません)
その他、見れた魚をあげると、スミツキトノサマダイ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオ、ナメラヤッコ、アブラヤッコ、カゴシマオコゼ、キリンミノカサゴ、クマノミ、イトヒキベラ、オトメベラ、クロホシイシモチ、イカの卵、エソの仲間、くらいです。他にもっといたかもしれませんが覚えてません。以下は水中写真です。下手でスイマセン>_<
image
image
image
image

あまり時間がなく隅々まで見れなかったのですが短時間でこれほどの魚が見れたのは、さすが高知県だなと思いました。ちなみにここでの採集はできません。あと黒潮実感センター前の漁港で後輩がクマノミを釣ってました。笑
もちろんすぐに逃がしましたが。

4日目(8月1日)
今日はいよいよ帰る日です。楽しい時間もあっという間ですね。
帰り道でお土産に芋けんぴ買いました。
淡路SAから見る明石海峡大橋です。
image
最後に今回の合宿を通して綺麗な海、海洋生物を今後も守っていきたいなという気持ちが強くなりました。お目当ての魚こそは採れませんでしたがそれよりも海を大切にするという気持ちが強くなったのは大きな成果なのではないでしょうか。この気持ちを今後の研究や行動に活すように頑張りたいと思います。
ここまで僕の拙い文章を読んでくださってありがとうございました。

以上、生物部夏季合宿

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

生物部合宿行ってきました!” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する