水温が!?

合宿が終わり一息ついたuzumakiです。
今日、カクレクマノミ夫妻が元気にしてるかどうか気になったので学校に行きました。
そしていつも通りサイフォンが動いてるか確認しイソギンチャク→カクレクマノミ→クーラーの順に見ていったのですが、、、
ん???
クーラーの表示が消えてました。
あれ?
image
水温計を確認すると31度??
やばい。なんとクーラーが止まっていました。原因はクーラーのプラグをつなぐ電源タップの故障でクーラーに流れるはずの電気が流れていませんでした。あらら…
急いで別の電源タップに変えました。でもこの状態だと水温31度から設定温度の27度まで一気に下がってしまうので、とりあえず29度設定にしました。
いつから水槽が30度を超えたのかわかりませんが、カクレクマノミ、ハタゴイソギンチャク、どちらも元気だったのは幸いでした。それに嬉しいことにイソギンチャクが移動し岩と砂に活着しました!
実は今までビニールに活着していたのです。なぜかというと袋にパッキングされた状態で学校に届いたのですがその時にはすでにパッキングに使われているビニール袋に活着していたのです。なので無理やりはがすと弱るかなと思い、活着してない所のみカッターで切り取りビニールに活着した状態で水槽に入れていたのです。それが今日みるとこのようにいい感じに岩の隙間に埋まってました。
image
実際の海でもこんな感じでいることが多いです。よくよく考えてみるとハタゴイソギンチャクのいるような潮溜まりが30度を超えるのも珍しくないのかな。そう考えるとハタゴイソギンチャクは高水温には強いのかもしれませんね。
最後に水槽側面から
image
奥ににキジハタが見えます。笑

The following two tabs change content below.
uzumaki

uzumaki

サンゴ礁域に生息する生物が好きで、海水魚水槽の維持から自家採集、研究まで色んな事をやっています。 魚類学者を目指しています。 (魚類生態学・魚類生理学)
uzumaki

最新記事 by uzumaki (全て見る)

水温が!?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. tom より:

    uzumakiさん こんばんは♪
    先日は「どこかの高校生の海」に足を運んでいただきありがとうございましたm(_ _)m コメント遅れて、すいませんでしたm(_ _)m

    さて、水槽おキレイにしていらっしゃいますね♪
    この調子で続けてあげてくださいね♪

    uzumakiさんの仰る通り、ハタゴは高水温に耐えるほうです。
    ただ、水温を甘く見たらダメなんですけどね。

    今後も楽しみにしています♪

    1. uzumaki uzumaki より:

      Tomさん
      訪問ありがとうございます!
      返信遅れてすいません。
      今後もハタゴイソギンチャク、長期飼育を頑張りたいと思います。またTomさんのブログも参考にさせていただきます。
      今後ともよろしくお願いします〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

日淡探しの旅

オヤニラミ

和歌山ボート釣り

柏島の思い出

『初もの』磯採集 in 南紀 (8/14)

『レアな近海魚』漁港採集 in 島根(8/11)

ニシキヤッコ 色揚がり?

デバスズメ放流〜

Dinosか??

全ての記事を確認する